【記事】2030SDGsカードゲームを社内で実施

2月の工程会議前に社内でSDGsの必要性を知るため

「2030SDGsカードゲーム」を実施しました。

講師には京都からお越し頂いたドイル恵美先生、

現在、京都大学の経営管理大学院で特定講師として、

海外インフラ輸出にかかる調査研究に関わられており、以前は

JICAのインフラ企画調査員として、約15年間、アジア各国のインフラ開発プロジェクトに関わられました。

ゲームでSDGsを体感し、ヤマダインフラテクノスにとって何が必要なのか?ということを体験しました。

2030SDGsカードゲームの後、振り返りを行い、参加者全員で気付きや学びを共有しました。

その後、ドイル先生による「海外インフラプロジェクト」についてご講義を頂き、

海外進出におけるリスクマネージメント、考え方を学びました。

ドイル先生、貴重なお時間誠にありがとうございました