循環式エコクリーンブラスト工法

国土交通省 NETIS登録 CB-100047-VE 活用促進技術

動画で見る循環式エコクリーンブラスト工法


従来のエアーブラスト工法と
何が違うのか ?

  1. 研削材を循環して再利用する為に使った研削材を産業廃棄物にしない
    → 産業廃棄物になるのは、剥がした塗装カスのみ。
  2. 金属系研削材を使用する為 粉塵が非常に少ない
    → 研削材が粉砕しない。
  3. 施工コストが、安い
    → 産業廃棄物の処分費が非常に安くなる。
  4. 運搬資材が少ない
    → 研削材と産業廃棄物の運搬量が少ない。
  5. 温室効果ガス排出量が少ない
    → 産業廃棄物の運搬・処理に伴う二酸化炭素排出量を抑制。
  6. 遠くまで施工できます
    → 延長約400mまで施工可能です。
  7. 確実な品質確保
    → 専門的な教育訓練を終了したブラスト施工士による工事。
  8. 循環式エコクリーンブラスト研究会の支援
    → 研究会の技術支援と機器設備の相互支援システムの充実
カタログ・ダウンロード

循環式エコ クリーン ブラストシステム図

循環式エコ クリーン ブラストシステム図 鉛含有塗膜の除去は、どんな場合でも湿式でなければいけないと思っていませんか?ブラスト工法であれば、湿式を併用せず乾式での鉛塗膜除去が可能です。それには理由があります

循環式エコクリーンブラスト機械設備

循環式エコクリーンブラスト機械設備

トップへ戻る